CATEGORY

アルメリック

アル・メリック(チャネルアイランズ)サーフボードについて

  • 2017年5月3日

アル・メリック【 ニューフライヤー(New Flyer)】の感想

ニュー・フライヤー(New Flyer)は、アル・メリック(チャネルアイランズ)の2013年モデルであり、1999年モデルのフライヤー(Flyer)の進化版である。 元となった「フライヤー(Flyer)」モデルについて フライヤーは、1999年から2009年のアル・メリックのモデルのなかでベストセラ […]

  • 2017年4月7日

アル・メリック(チャネルアイランズ)のグラッシング種類

サーフボードの性能を大きく左右するのがグラッシング(ラミネート)工程である。アル・メリック(チャネルアイランズ)のサーフボードには、グラッシングにいくつかの種類があり※1、どのような違いがあるのか、説明する。 ※1・・・ポリウレタン(PU)ブランクスを使用する場合のグラッシングについての説明です。E […]

  • 2017年4月1日

アル・メリック【 サンプラー(sampler)】のインプレッション

アル・メリック(チャネルアイランズ)の「サンプラー(sampler)」は、デーン・レイノルズの小波向けシグネチャーモデルである。代理店のスタッフに聞いても評判が良く、かなり売れているモデルとのことでずっと気になっていたのだが、ついに購入したのでインプレッションを書くことにした。 暴飲暴食によってかな […]

  • 2017年4月1日

アル・メリック(チャネルアイランズ)サーフボードの生産国

現在、サーフボードの多くはマシンシェイプによって生産されており、理屈さえ分かっていれば職人やサーファーでなくても有名ブランドと同様のサーフボードを作ることができる。 アル・メリック(チャネルアイランズ)のサーフボードにおいても、多くはマシンシェイプによって製造されており、カリフォルニア本社の他にも世 […]

  • 2017年3月25日

アル・メリック(シェイパー)について

世界で最も知られているサーフボードブランドといえば、カリフォルニア州サンタバーバラに本社を置くチャネルアイランズサーフボードであろう。 アル・メリックはチャネルアイランドサーフボードの創設者であり、1980年代以降のサーフボード製造業界において大きな影響力をもつ存在の一人である。因みに、ほとんどのサ […]